drive my car

IMG_2971.JPG
夜明けとたぶんもうすぐ終わる夏の狭間をぬって
東へ東へと僕たちの車は走りだす
いくつもの山とトンネルを越え大地を走り
雨と霧と共にたどり着いたのは
雨、風にむせぶ東の果ての果ての海

雨の旅には晴れている日とは違う
雨の風情があって・・・そんなわけないだろ
晴れている日の方が100倍楽しいに決まってる
だって車から降りるたびに濡れないのだから

IMG_3015.JPG
IMG_3093.JPG
途中泊まった大きな湖
静粛なる朝の湖を見ずして何をみる
晴れていたのはここまでここから先は
弱いか強いの違いだけで全部、雨
写真を撮るのも面倒くさい

IMG_3119.JPGIMG_3156.JPGIMG_3182.JPG
IMG_3057.JPG
IMG_3183.JPG
美味しいものがあったりなかったり

jorro2020.jpg
帯広の隣 音更町にある友人の店「cafe jorro」
雨にも雪にもコロナにも負けず頑張っている素敵な店です
十勝地方に行った時は是非立ち寄って下さい

おうち銀鼓お休み


虹空

IMG_2941.JPGIMG_2937.JPG
熱波が押し寄せても一雨ふればさすが札幌
空気はひんやりと夕焼け空に虹が架かる
いくつになっても虹を見たら誰かに教えたくなる
「虹をみたかい」
おうち銀鼓
IMG_2919.JPG
「バタチキナツモリ」
バターチキン夏にもりっと食べるカレー

IMG_2933.JPG
スパイシースープ「黄色香辛力世界」
黄色めとろみ系スープカリー



IMG_2963.JPG
丸なす夏野菜のシーユーダムワン炒め

IMG_2935.JPG
「週一冷麺」
具がいっぱいのりすぎて麺が見えなく
もうこれは冷麺なのかわからなくなってきた

おうち銀鼓はもう暫くの間夏ご飯バージョンで




俺の血

DSCN1011.JPG
蚊に刺された かゆぃ
共存共栄、行くとし生けるもの生きる権利があるとして
しかし生きるためとしても俺の血を吸っていい
許可は出していない 返せ俺の血 かゆぃ
留守番係が蚊取り線香を焚いてくれた
俺の耳元をあの嫌な音で飛ぶな
ゆっくり眠れもう2度と起き上がるな

DSCN1029.JPG
エゴ・グリム・ネバーいつも行っているライヴは全部中止
最近聞いている「milet」
珍しく人気者を聞いています
彼女のライブチケットを入手するのは超困難らしい
来年ライブがあったとしても無理かな

私が聞く前から留守番係と息子はきっと
私が好きだぞと思っていたらしく
車で聞いていると「やっぱりな」と言われ
家族に見透かされたところがちょっとくやしい

おうち銀鼓
IMG_2907.JPG
「夏野菜のペペロンチーノ」

IMG_2930.JPG
採れたてトマトソース「サン・マルコ・ポモドーロ」
IMG_2914.JPG
やっと登場した西瓜「週一冷麺」
IMG_2921.JPG
夏野菜の王様ゴーヤ「ゴーヤと胡瓜の青唐辛子和え」
辛いし苦いし食べるのは私だけ 美味しいんだぜ

田園風景

IMG_2893.JPG
盆も近いので里帰り墓参り
こんな風景の町で体も心も
あまり大きくなりませんでしたが育ちました。
学生時代勉強はしないと決めていましたので
麻雀をやっているとき以外
映画館もなかったし絶対無敵の退屈さがこの町の思い出です。
でも年に一度この風景を観ると
綺麗な緑が目に沁みて、いい風景だと思います

DSCN1006.JPG
ソウルストアーの夏野菜カリー
IMG_2858.JPG
IMG_2859.JPG
奈々兵衛の白湯塩ラーメンとつけめん

コロナにも負けず頑張っているこの2店「やっぱりうまいわ!」

おうち銀鼓
IMG_2856.JPG
「星家の愛別夏野菜とラムのカリー」
おうち銀鼓も負けていられません
留守番係と時たま息子最大二人しかお客さんいないけど

夏T

IMG_2848.JPG

まったりとじっとりとピクリともそよとも
動かない夜の空気に夏を知る

IMG_2841.JPGIMG_2861.JPG
白い方が今年の留守番係デザインオリジナルTシャツ「花ねこT」世界で1枚
赤はイチローに貰ったキヨシローTシャツ
これを着て何処へにも行くあてもないのだ連休がとれたら
道東にでも行こうかな

でもキヨシローTシャツは飾って置こうかな
死んだ時にこれを着てひつぎに入るのもいいかもしれない
たぶんひつぎの中で死んでいるのに
ちょっと自慢げな顔をしているのに違いない

「ちゅるちゅるおうち銀鼓」
IMG_2847.JPG
「鮭ちらし冷やしうどん」
IMG_2854.JPG
「粒々胡麻だれラーメンサラダ」
IMG_2874.JPG
「今週の冷麺」
トッピングにプラムにするかプルーンにするか悩んだのだが
プルーンにしてちょっと失敗